Search
Search Menu

電気自動車を購入

合宿免許で運転免許取得して、今の時代に一番マッチしたクルマを購入したい……というのなら、電気自動車なのではないでしょうか。

電気自動車を購入、果たして、いまならどの電気自動車を購入すればいいのでしょうか。

電気自動車を購入

やっぱり、今時、世界中で、電気自動車!というモチベーションがかなり高いのではないでしょうか。

電気自動車を購入すれば、ジミなあなたもかなり注目されることでしょう。

電気自動車、それは、BEV=Battery Electric Vehicleのクルマ、それは、外部から、バッテリーに充電して、電気エネルギーで走行することができるクルマです。

三菱自動車工業 ミニキャブMiEV

三菱自動車工業 ミニキャブMiEVは、新しいクルマでも、クルマ本体の価格・¥1,769,040~(消費税込)で購入することができます。

合宿免許で運転免許取得してはじめてのクルマというのなら、この程度が妥当という考えも……。

電池の容量・10.5kWh(16kWh)、バッテリーの容量が10.5kWhと16kWhのモデルがあります。

10.5kWhモデルを搭載している東芝の「SCiB」は、結構クオリティーも高く、 スピード充電を繰り返しても、劣化しないと評判です。

三菱自動車工業 i-MiEV

次のおすすめ電気自動車は、三菱自動車工業 i-MiEVです。

三菱自動車工業 i-MiEVは、クルマ本体の価格・¥2,948,400~(消費税込)、ちょっと価格のレベルは上です。

後輪駆動っぽい 小気味いい走行する感じは、軽自動車とは思えないパワーを感じさせるクルマです。

2018年、マイナーチェンジして、大きくなって軽自動車から登録車へと変更されました。

Nissan LEAF

次のおすすめ電気自動車は、Nissan LEAFです。

やっぱり電気自動車と言えば、Nissan LEAFがいいという人たちも多いのではないでしょうか。

まだまだNissanは、電気自動車で頑張っているメーカーです。

Nissan LEAFは、クルマ本体の価格・¥3,150,360~(消費税込)
電池の容量・40kWhのクルマです。

値段もそこそこですが、頑張って購入できない価格ではないのかも……。

とにかく借金してでも買っちゃったもの勝ちでは。

オートパイロットや「e-Pedal」などの装備をチョイスすることができます。

また、2018年には、アルミホイル、空力パーツ、更にコントローラーの出力特性と言った面までスポーティチューンのNISMOバージョンも颯爽と登場しています。

Leave a Comment

Required fields are marked *.