Search
Search Menu

購入するクルマは軽自動車というのは正しい選択?

合宿免許で運転免許取得して、あなたは、どのようなクルマに乗りたいと思っているのでしょうか。

運転免許取得して、軽自動車という人たちもいます。そして、軽自動車なんて……と思っている人たちもいるでしょう。

軽自動車のデメリットってなんなのでしょうか。

これから、合宿免許で運転免許取得した人たちの選択肢として軽自動車は、果たしてアリなのでしょうか。とても気になる問題です。

軽自動車にはこんなデメリットがある

合宿免許で免許取得して、安易に軽自動車でいいというのも安易な発想です。

軽自動車は、小さいクルマが多いですが、法律的には制限を受けているからです。

軽自動車は、前から後ろまでの長さは3400ミリで、左右の幅は1480ミリ、高さは2000ミリまでです。

軽自動車としての扱いを受けるためには、この大きさのクルマである必要があります。

かつ、軽自動車は、排気量は、660ccまでです。クルマは小さくていいという人たちは、軽自動車向きなのかもしれませんが、クルマの外見が小さいということは、車内も当然狭いということです。

軽自動車は、乗車定員も大人4人までというのが限界です。だいたい、二人程度が軽は丁度いい感じではないでしょうか。

排気量が660ccまで

軽自動車は、排気量が660ccまでということに、何ら別に問題ないという認識を持つかもしれません。

しかし、排気量が660ccまでということは、パワーが少ないことを表しています。

根本的デメリットを追求していけば、加速がスムーズに行かないのが軽自動車なのです。普段、それ程、実感がないのかもしれませんが、軽自動車で高速道路など走ることで、相当パワー不足と感じてしまうでしょう。

また、坂道をあがるときには、アクセルペダルを強く踏み込みしなければならないという事態も起きます。

高速道路のシーンや、坂道では、充分軽自動車は、普通車とは違うという実感をすることができる場所です。

クルマ自体あまり丈夫ではない

また、軽自動車は、660ccまでという排気量制限を持っているため、車体もできるだけ軽い感じで作られているのです。ですから、クルマ自体、あまり丈夫ではありません。

交通事故のことを考えると、相当リスクが高いと感じてしまうことになります。

軽自動車に乗っていたから交通事故のシーンに遭遇して助からなかった……ということが残念ながら起きてしまうかもしれません。

そのような意味では、合宿免許で運転免許取得して、やっぱり軽自動車でないものに乗って慣れるのがいいのかもしれないですよね。

Leave a Comment

Required fields are marked *.